最新ニュース

2024(令和6)年度第24期通常総会が開催されました!

令和6年5月26日(日)浜松市中央区(旧西区)のTHE OCEANにて、認定NPO法人魅惑的倶楽部第24期の総会が開催されました。正会員の皆さんには、会場参加に加え、ZOOMでは、はまこらや福岡県福岡市からもご参加頂きました。今年度は、役員改選の年でしたが、理事、監事とも全員再任となりました。報告書作成とともに、今後は、法務局にも理事長再任(重任)の届け出を提出いたします。所轄庁の浜松市にも再任の届け出が必要です。毎年、総会は開催していますが、昨年度の事業を振り返るとともに、今年度の新たな事業への意気込みを会員の皆さんにお知らせすることが出来る大切な場でもあります。今年度は、昨年度の事業を継続するとともに、新規事業としては、「浜松まちなかHIV検査会」と「人が輝くまちづくり〜心のユニバーサルデザインの社会をめざして〜」の二つの事業を加え、正会員、賛助会員、関わって下さる学生さんやボランティアの皆さんとともに、誠実に取り組んで参りたいと思います。

次回【マジックハート】は、令和6年6月1日(土)会場は、サーラ音楽ホールです。

題して、「マジックハート・もうすぐ梅雨だねコンサート」です。

おなじみの曲の他に、【雨】にちなんだ曲も出てきますよ。

また、以前みんなで歌って踊った「必死マン」も復活します。

みんな踊れるかなあ。

 

6月とはいえ、かなり気温も上昇中ですので、着替えや汗拭きタオル、水分補給用の飲み物など忘れずに持ってきて下さいね。

2024年3月24日(日)「マジックハート卒業・進級おめでとうコンサート」が開催されました。浜松手をつなぐ育成会との共催でしたが、なんと100人を超える参加者が集まり、楽しい歌やダンスと一緒に、おめでとうの式典も行われました。昨年同様、大和ハウス株式会社浜松支店さんの協賛で、障害のある方が育て、ブーケにもしてくれた「蘭」(KOKORAN)がプレゼントされました。新年度に入り、それぞれが、笑顔で、新しい環境の中で過ごしていけることを、メンバー全員願っています。

次の「マジックハートコンサート」は、6月1日(土)です。少し間は空きますが、待っててくださいね!

2022年10月28日(金)ギリアド・サイエンシズ社と浜松市が、HIV/AIDS啓発に関する連携協定を結!                   国内ではもちろん、世界初の協定締結!!

ギリアド・サイエンシズ株式会社と浜松市が、HIV/AIDSを取り巻く環境改善の推進を目指し、静岡県浜松市と「HIV/AIDS啓発に関する連携協定」を10月28日(金)に締結しました。この協定の締結を機に、ギリアド・サイエンシズ株式会社は、浜松市のパートナーとして、GAP6の各コミュニティ・グループと協力して、市民のHIV/AIDSの正しい理解と知識の向上に寄与して行きます。

〈浜松市とギリアドの連携協定に関する事項〉

■下記を目的としたHIV/AIDSへの正しい知識の普及啓発

 ①HIV/AIDSに対する誤解・偏見の解消

 ②HIV感染予防への意識の向上と行動の推進

 ③HIV陽性者における治療意欲の向上

■上記に掲げるもののほか、HIV/AIDS啓発の推進に資するものとして双方が必要と認める事項

 

今回の HIV/AIDS 啓発に関する連携協定の締結について、ギリアド 代表取締役社長のケネッ ト・ブライスティングは次のように述べています。「当社は、35 年にわたり、HIV 領域におけ るリーディング・カンパニーとして治療、予防、治癒研究の進歩を推進してきました。一方 で、HIV/AIDS に対する社会的理解は十分とは言えず、今もなお、過去のイメージ、世代、地域 差等によって HIV/AIDS に対する理解のギャップが存在します。当社は、昨年 12 月に、 HIV/AIDS に関連する団体やコミュニティ・グループと、こうした理解のギャップを埋めること により、HIV/AIDS への誤解や偏見を解消し、適切な予防・検査・治療の推進を目指し、 HIV/AIDS に関わるコミュニティ・グループとギリアドで『HIV/AIDS GAP6』コンソーシアムを 発足しました。今後、『HIV/AIDS GAP6』等の活動を通じて、浜松市における HIV/AIDS への正 しい知識の向上に尽力してまいります」

 

ギリアド・サイエンシズについて

ギリアド・サイエンシズは、全ての人々にとって、より健康な世界の実現を目指し、30 年 以上にわたり医療の革新を追求し、飛躍的な進歩を遂げてきたバイオ医薬品企業です。当 社は、HIV、ウイルス性肝炎、がんなどの生命を脅かす疾患の予防と治療のため、革新的な 医薬品の開発に取り組んでいます。カリフォルニア州フォスターシティに本社を置き、世界 35 カ国以上で事業を展開しています

 

HIV/AIDS 啓発活動コンソーシアム「HIV/AIDS GAP6」について
HIV/AIDS に対する社会的理解は十分とはいえず、今もなお HIV/AIDS に対す る誤解が根強く存在しており、さらに、若い世代においては HIV/AIDS を知ら ないという方々も多くいます。こうした理解のギャップを埋めることで、HIV/AIDS への誤解/偏見を解消し、適切な予防・検査・治療の推進を目指すた めに発足したのが、HIV/AIDS 啓発活動コンソーシアム「HIV/AIDS GAP6」で す。昨年の世界エイズデー(12 月 日)に「HIV/AIDS GAP6」は発足し、ギ リアド・サイエンシズもこの活動に参画しています。

<「HIV/AIDS GAP6」参画団体>
認定NPO法人ぷれいす東京
特定非営利活動法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+

社会福祉法人はばたき福祉事業団
特定非営利活動法人akta / community center akta
community center ZEL

認定NPO法人魅惑的倶楽部
ギリアド・サイエンシズ株式会社

「希望の詩プロジェクト」

「希望の詩プロジェクト」令和4年度版
「どんなときもあきらめない、私たちの夢のために」
令和3年度に、中高生とJam9が作った「希望の詩」
令和4年度は、更にバージョンアップして、「夢の詩」が出来上がりました。
色々な場面で、「歌で社会貢献」もしました。
「希望の詩プロジェクト」令和3年度版
「コロナ禍を乗り越え、私たちのまちに夢と元気を」
このプロジェクトは「令和3年度創造都市推進事業補助金」をいただいて、11月から、取り組んできました。補助金事業は2月15日で終了してしまいます。「コロナ禍を乗り越え、私たちのまちに夢と元気を」の事業終了直前に、第六波が押し寄せ、リアルな発表会は、4月1日(金)18:30〜に延期となりました。2度の延期を乗り越え、資金難となってしまいましたが、多くの市民や企業のみなさんからの寄付により、無事に市民の皆さんに披露することができました。ご協力下さいました皆さん、ありがとうございました。現在もYouTubeで、公開しています。Jam9と中高生の思いを、ぜひご覧ください。映像撮影、編集、監修は、ユナイテッドミュージックです。 「希望の詩」作詞/作曲:Kibounota Project Member with Giz'Mo from Jam9、イシノユウキ from Jam9

今までの【マジックハートコンサート】の様子

ブログ

exoticclub.jimdofree.com Blog Feed

コロナと人権
>> 続きを読む

新型コロナウイルスの影響
>> 続きを読む



魅惑的倶楽部とは

入会&ボランティア案内

当NPOの理念・活動にご賛同いただける方の入会・ボランティア参加についてはこちらへ!

 

 

お知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、隔月で開催している「マジックハートコンサート」は、7月開催分までは、オンライン配信開催をしてきましたが、(土)より、有観客開催となります。ただ、密になってしまったりすることがないように、間隔を開けて、楽しんでください。また、できる限り、マスクの着用をお願いします。会場に入る前、休憩後等は、手指消毒をお願いします。入場前に、受付にて、検温を行い、37.5℃以上の方は、入場をお断りさせていただきます。受付で、お名前と連絡先をご記入いただき、後日コロナウイルス感染が判明した場合は、必ず連絡を願いいたします。来場者の感染が判明した場合は、こちらからも連絡させていただきます。今後の開催の有無にもつながりますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。



 

☆ このホームページをシェアしていただける方はこちらから